「枕草子」

「枕草子」
清少納言
岩波文庫

今時の本を読みながら、
夜は「枕草子」。
いつまでかかるやら。
(2012.08.04~09.12)

私の「いとにくし」。
今日古本屋で「伊勢物語」を買って、
帰宅して開いたらあまりにも多い書き込み、いとにくし。
本には基本書き込まない主義の私は、
それだけでもう読む気が失せた。
「伊勢物語」、また会う日まで。
(2012.08.10)

終わった。
高校の夏休みなら間に合っていない。
しかたがないな、
人生の宿題はまだ山ほどある。
終わったとはいえ、
みなわかった、というのではない。
ほとんどわからなかった。
それでも彼女の言いたい放題な感じ、
時に自己主張、たまに反省しながら
見ている世界のおもしろさは
伝わりました。
美しい色の着物や乗り物には心魅かれ、
動物はだいたい「体が黒くて、四足が白い」のがお好きなようで、
ねことか馬とか牛!とかね。
(2012.09.12)
[PR]

by haraheri4 | 2012-09-30 16:29 | 読書 | Comments(0)