道草日和。

「探偵はバーにいる」

「探偵はバーにいる」
東直己
ハヤカワ文庫JA

「彼女は存在しない」が横浜、
「RDG3」は戸隠、
そして「探偵バー」が薄野。
ご当地小説が続いたなあ。
私は北海道の血が半分入ったハーフで、
この会話・イントネーション(はもちろん見えないけれど)、
何となく「ああ」って感じなのです。
言文一致体と解説にあったけれど、その通り。

俳優の大泉洋さんが出ているバラエティを
夫が週2回も見ていて、一緒になってみているうちに
「探偵バー」が読みたくなった。
おもしろい。
ハードボイルド、って、いやこれは別の何かで、
強がって大立ち回りもあるけれど、身体は痛いし、
本当は彼女の家で飲んで寝たいけれど、カッコウつけなきゃならん、らしいし。
問題解決にあたるには、アルコールと力技。
そういうとこも、いいかんじ。
でも、何かおなかにたまるものもたまには食べてほしい。
(2012.09.03)
[PR]
by haraheri4 | 2012-09-09 17:34 | 読書 | Comments(0)
<< 「零崎軋識の人間ノック」 「RDG3」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索