「僕は長い昼と長い夜を過ごす」

「僕は長い昼と長い夜を過ごす」
小路幸也
ハヤカワ文庫JA

家族空想ミステリ、とでもいうか。
規制というかリミットのある主人公とともに過ごす
長い昼と長い夜を駆け抜けろ。

(2013.01.17)

この頃から絶不調はじまる。
[PR]

by haraheri4 | 2013-02-03 15:10 | 読書 | Comments(0)