「レクイエムの夜」

「レクイエムの夜」
レベッカ・キャントル
ハヤカワ文庫HM

第一次大戦後のドイツが舞台。
少しずつ「茶色の朝」に近づきつつある時代。
私たちはその後何が起きたか知っているから、
だから余計鳥肌を抱きしめて
ページをめくる、その時間も惜しいほどのスピードで。
(2013.01.27)
[PR]

by haraheri4 | 2013-02-16 14:54 | 読書 | Comments(0)