「狂気の愛」

「狂気の愛」
ブルトン
光文社古典新訳文庫

言いたいことはわかる、少しは、たぶん。
でも「あの人が好きだ!どうしようもなく好きだ!」と
本当は言いたいのだろうなあ。
という感想をもって、解説を読むと、
何となくだまされたような気になる・・・。
「あの人」って、唯一の愛なんじゃなかったのか。
(2013.03.28)
[PR]

by haraheri4 | 2013-04-14 01:07 | 読書 | Comments(0)