「生ける屍」

「生ける屍」
ピーター・ディキンスン
ちくま文庫

怖いものは人間。
人が人を支配するなら、
こうするのが手っ取り早い。
生ける屍が誰なのか、それもまた怖い。

ファンタジー、と思いきや本格で、
それはでも装置に過ぎない。
これは装置ではなく、中身をかみ締めて
怖さと直面する小説。
(2013.10.14)
[PR]

by haraheri4 | 2013-10-20 11:52 | 読書 | Comments(0)