「ウロボロスの波動」

「ウロボロスの波動」
林譲治
ハヤカワ文庫JA

ハードSF、というジャンルの小説。
だと知らずに読み出しました。
おもしろい、でもたいへんです。
時速何キロで人工衛星が移動しているか、
だからこの日、この時に主人公と遭遇できるか、
ということを計算しながら書いているのだそうです。
読むのはたいへんだけど、
続きも読みたいです。
(2013.11.29)

[PR]

by haraheri4 | 2013-12-21 20:26 | 読書 | Comments(0)