「9条が世界を変える」の話、ふたたび。

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
下のつづき。長いから2回に分けた。

あとは…
・集団的自衛権が実際行使された場面で、違法だと非難されている例が多い。
・市民団体の力 ・国際司法裁判所の判決
・地震の救済などで、民間機なら2日、
自衛隊機は1週間以上かからないと現地につかない。
・「金だけ出してる」というが、そのお金はけっこう役に立っている。
・国連憲章では個別的自衛権と集団的自衛権を区別していないから「自衛のための軍隊をもつ」と憲法に明記したら、集団的自衛権もOKよ~ってことになる。
・「諸国民の公正と信義に信頼して(前文)なんて、お人よし」という人がいる。戦争しようとする困った「政府」があるかもしれないが、私たちは「戦争はいやだ」という「諸国民」を信頼しているんだ。
…などなどのお話がおもしろいです。

でも。
もうちょっと、つっこんで考えてみたいの。
そういう本、ないかなあ。
これだけ世界的に注目されてるんだぞうって
本を読むと、
「じゃあ国内で注目されるにはどうしたらよかろう…」
とますます思ってしまうのさ。
[PR]

by haraheri4 | 2005-03-18 17:47 | 読書 | Comments(0)