「わたしの名は赤」

「わたしの名は赤」
オルハン・パムク
ハヤカワepi文庫

カタカナが苦手です。
なのにイスタンブルが舞台の
歴史ミステリーなんて・・・
がんばって読みました。
細密画の世界観、不思議でした。
ヨーロッパの絵画とは全く違うのですね。
(上2015.03.06)
(下2015.03.22)
[PR]

by haraheri4 | 2015-04-18 21:13 | 読書 | Comments(0)