「羅生門の後に」

「羅生門の後に」
芥川龍之介
青空文庫

「羅生門」などの作品を書いた頃の自分を記念したかった、という文章。

何々派とレッテルを貼られるけど、
自分の作品がそんなに単純だと
信頼する勇気はない、
というような作品への矜持が
感じられる一文がありました。
【2016.12.31】
[PR]

by haraheri4 | 2016-12-31 22:57 | 読書 | Comments(0)