道草日和。

「今夜、すべてのバーで」

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
「今夜、すべてのバーで」
講談社文庫
中島らも

最近、私のまわりで
「行間が読めるか?」という話題があったけれど
この本、出版された当時に私が読んでも
「そこまで読めなかったろうな」と思う。
依存症やその家族の切なさが
人ごとでない今になって読むと「読める」んだろうな。

「依存症とは無関係だ」と思っている人も
ぜひ読んでほしい。
「アル中」とはどういうものか、
これまでの見方を変えてくれるし、
「自分のために生きる難しさ」などということを
考えさせられます。

体が丈夫でも、心には穴があいていて
そこからいろんなものがこぼれてしまう
…というような表現に泣いてしまう。

「なぜ飲むの?」
「忘れたいからさ」
「何を忘れたいの?」
「そんなことは忘れたよ」という言葉にも
大笑いして、やっぱり切なくなる。
[PR]
by haraheri4 | 2005-05-30 12:30 | 読書 | Comments(0)
<< 豆づくし 「月の裏側」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索