道草日和。

「僕に踏まれた町と僕が踏んだ町」

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
「僕に踏まれた町と僕が踏んだ町(増補版)」
中島らも
朝日文芸文庫

古本屋で買って、
残念ながらきれいではなかったので
捨てることになりそう
(本を捨てることはめったにないのだけれど)。

つまらない日々が多くても
ごくごくたまに「生きていてよかった」という夜もある、
だから汚れても、アル中になっても
生きてた方がいい…というような言葉。
らもさんがいうと説得力がある。
自分はおもしろくないけれど
おもしろい人たちに出会うことができて
よかったと思ってるよ。

上司にすすめられた本を探しにいったが
見つからなかった。
そのため、その予算は別の本3冊に化けてしまった。
今週後半は、それを読むことになりそう。
[PR]
by haraheri4 | 2005-07-13 12:17 | 読書 | Comments(0)
<< 友人Rがやってきた日のメニュー 「殺人症候群」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索