道草日和。

「靖国問題」

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
「靖国問題」
高橋哲哉著
ちくま新書

市民劇のメンバーと「憲法探検隊」と称して
フィールドワークをやっている。
この夏は、話題の靖国神社へGo!ってことで
靖国関連の本をいろいろ読んだ。
その中の1冊。
哲学者の本なので、アプローチが複雑、
しかしすっきりわかりやすかった。
「靖国神社は『追悼』施設ではない、『顕彰』施設だ」
ということが、もっとも衝撃的に受けとめたこと。
戦争に駆り出され、死んだ人々に
「悲しむな。天皇がお祀りしてくださるのだから
喜びに思え」という感情を変換する装置、靖国神社。
…ってことが、よくわかる1冊です。
[PR]
by haraheri4 | 2005-08-17 12:39 | 読書 | Comments(0)
<< 赤い肉 梅干4 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索