「深い河」

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
「深い河」
遠藤周作
講談社文庫

かつて途中まで読んだ気がする。

ちょっと前まで、神、という言葉にとても抵抗感があった。
今は、あの落ちこぼれの神父のような
感覚がわかる。
どんなふうに生きたいのか、を考える本。
人と人とのつながりができすぎなかんじはちょっとある。
[PR]

by haraheri4 | 2005-09-13 12:32 | 読書 | Comments(0)