「星の王子さま」

「星の王子さま」
サンテグジュペリ著
池沢夏樹訳
集英社文庫

私は美しくないけれど、
薔薇だ。
傲慢で、さびしがり屋なのに
人を愛する方法が間違っている。
「私が悪かったのよ」
「でも気づかなかったでしょうけど、
私、あなたを愛しているのよ」という薔薇の台詞に
泣けてしまった。
きつねのように、誰かを思い
たまらなくなって、麦を見ても王子さまを思い出す…
そんな思いをだいじにしたい。
「大切なものは目には見えない」ということを
忘れずにいたい。

著作権だか、版権だかが切れて
今年は「星の王子さま」ブーム。
いろいろな訳が出ているそうです。
私は文庫派なので、これを読みましたが。
[PR]

by haraheri4 | 2005-10-03 18:09 | 読書 | Comments(0)