「あらしのよるに」

「あらしのよるに」
作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士
講談社文庫

ああっ、もう。
暗い気分は吹っ飛ばしていこう、クリスマスなんだから。

ってわけで、
簿記学習中に禁断の読書。
映画化もされ、すっかり有名になりましたね。
絵本も手にして読んでたんだけど、
文庫になったので買ってみた。

絵本には絵本の理由がある。
それは文庫じゃだめなんだ。
ってことがあるのだと思いました。
ページをめくる重さや、絵の大きさ、めくる前のどきどきは
文庫では味わえません。
絵本という形態でこそ読んでほしい本です。
でも、想像力とどきどきの気持ちを持つ人なら
あの世界を文庫でも味わえる、きっと。
[PR]

by haraheri4 | 2005-12-25 13:29 | 読書 | Comments(0)