道草日和。

「ダブリンの市民」

「ダブリンの市民」
ジェイムズ・ジョイス
岩波文庫

「ユリシーズ」に挫折したまま、
これなら読めるか?と思って手を出した。
…読めません。
字を追うことと、「読む」ことは違うんだなあ…(涙)
解説を読むと、ひとりでは「読む」ことができなかった
あれこれを知ります…うう~

けれど、作家の目ってすごいなあ、ってことは思いました。
100年前の作品なのに、
何かにとらわれている人々の姿がよく見えている
(なんて私にほめられても嬉しくないだろうが)。
人間関係がうまくいかない、かといって仕事もこなせない、
そういう「男」(だいたい、彼の名前がほとんどでてこない)のせつなさや、
その家族の構図とか。
異質なものに出会う少年の心とか。
わかってると思っていたものが、
手からこぼれていくときのきもちとか。
短編集なので、読みやすい←いや、読めないけど。

mamedasuさんに買ってきてもらった
アイリッシュ・ブレックファーストという
紅茶は、飲み終えてしまいました。
ジョイスのことを思いながら…
[PR]
by haraheri4 | 2006-03-16 12:24 | 読書 | Comments(0)
<< コーヒーと紅茶どちらがお好き? 「化粧の素顔」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索