道草日和。

「ブレイブ・ストーリー」

「ブレイブ・ストーリー」
宮部みゆき
角川文庫

「時計を忘れて森へいこう」を読んだときにも思ったけど、
私が最近になって知ったこと、わかったことは
ほかの人はずいぶん前から知ってるんだなあ、
私って何にも知らないんだなあ
ってことを思う。

たとえば…
私は平安のいのりをとなえる、それは
「神さま 私におあたえください
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えていく勇気を
そしてふたつのものを見分ける賢さを」というもの。
「ブレイブ・ストーリー」を読んでいて
これは平安のいのりだ、と思った。
自分に変えられるのもは本当に少ない、
だけどそれを変えていくことには全く気づかず
「自分以外の何か」が変ってくれることを期待している私。
本当に変えられるのは自分だけなのに。

私にとって、そうしたことは
ここ数年で見えてきたものなのに
世間の人は(私がよく読む作家などは)
もっと前から知っている。それって…常識だったの?
それとも私が目をふさいでいただけなんだろうか。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-20 12:41 | 読書 | Comments(0)
<< 「ゲッベルスの贈り物」 「バッテリーⅤ」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索