道草日和。

「一八の夏」

「十八の夏」
光原百合
双葉文庫

11月に三度目!!の日商簿記2級試験を控え、
あと8回くらいしかまとまって勉強できない、と気づいた。
どうしよう、たいへんだぞう…
と思いつつ、本屋に立ち寄ってしまって久々の読書。
これ以降、11月まで「読書」の投稿はありません…その予定です。

連作ミステリー。
作者が連作としていたモチーフとは別の、
「モノしりとり」的なモチーフに気づくのもおもしろい。
さらさらと風が吹いてくる河原で、美しい人に会うとき
それはもう「事件」の始まりなのかもしれません。
解説もいいです。
[PR]
by haraheri4 | 2006-09-05 12:47 | 読書 | Comments(0)
<< 北海道の旅11-函館への電車旅・駅弁 夫婦粉物(メオトコナモン) >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索