道草日和。

「永遠の夫」

「永遠の夫」
フョ-ドル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
神西清訳
岩波文庫

ロマンチック?なタイトルとは
だいぶ印象が違う小説。
男2人の心理戦は、読んでいて苦しくなるほどです。
心理戦はもうしない、なるべく率直に話したい…と思い始めた私に
「でも、自分の心理戦も似たような不毛なものだった…」と
思い出させる←戦いの内容は全く違いますよ。

ロシアの人たちの名前は覚えられません。
主要な登場人物を「太郎」「次郎」「花子」と頭の中で変換しながら
読みました…。
なぜフルネームで呼び合っているのだろう、
ロシアではそういうものなのでしょうか。
[PR]
by haraheri4 | 2006-12-01 12:23 | 読書 | Comments(2)
Commented by mamedasu at 2006-12-04 10:49 x
オイラもその本、挫折したことあり。
いまだ職場の引き出しに入っているか…しかしもう整理せんと…
しかしなんで?苦手なはずの赤毛モノに挑戦したの?
そこいらへんに興味アリ!
Commented by haraheri4 at 2006-12-04 12:18
う~ん。
ちょっとハードなものを読んでみたかったのです。
でも、読み始めるとぐいぐい!読めました。
<< レモンとバナナのパウンドケーキ 「沖縄にとろける」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索