「アルジャーノンに花束を」

『アルジャーノンに花束を』
こんにちは。
アルジャーノン、私も泣きました。
アルジャーノンからダニエル・キイスにはまりました。
アルジャーノンは昨年だったかドラマ化されましたが、
私の友人がいる劇団で先に舞台化されていて
何度か公演されているのですが、
そのたびに出かけては、泣いています。
小説ではゆるやかに進行することが
舞台では2時間くらいで駆け抜けてしまうためか、
胸が「ぎゅう」となる感覚はより強いように感じました。
[PR]

by haraheri4 | 2004-10-20 12:32 | 読書 | Comments(1)

Commented by em_neiro at 2004-10-20 18:10
Trackbackありがとうございました。
舞台もおもしろそうですね。
上手い役者さんじゃないと難しそうな役!
映画だと、小説の映画化ってたいてい「原作の方がいい」って感想に落ち着きがちなんですが(全く別物って思わないとだめかもしれませんね)、舞台はあまり観たことがないから、観てみたいです!