「動物園の鳥」

「動物園の鳥」
坂木司
創元推理文庫

「こころが弱くて、とても弱くて。
いつも誰かに喜ばれたりありがたがられていないと不安で。
僕はこうやって生きてきた。
僕を手放しで必要としてくれる人の手をとって。
その人に支えられて。
そうやって生きてきた。」

そうなんだ。
私が誰かに伸ばしていた手は
誰かを救うためじゃなく、
自分を支える杖がほしかったからなんだ。と気づいたときのショック。
それを再現させられた台詞だった。
彼らはおとなになってしまった。
物語は終わり、始まっていく。
私はどうだろう。

解説の後に
料理好きには嬉しい「ひきこもり探偵のレシピ」が載っています。
つくってみたいな。
[PR]

by haraheri4 | 2007-01-26 12:29 | 読書 | Comments(2)

Commented by iyonm at 2007-02-07 12:13
haraheriさんは読書家ですね。
いつも感心しています。。。
Commented by haraheri4 at 2007-02-08 09:33
…あ、ありがとうございます。
最近そんなに読めなくて…照。