道草日和。

「動物園の鳥」

「動物園の鳥」
坂木司
創元推理文庫

「こころが弱くて、とても弱くて。
いつも誰かに喜ばれたりありがたがられていないと不安で。
僕はこうやって生きてきた。
僕を手放しで必要としてくれる人の手をとって。
その人に支えられて。
そうやって生きてきた。」

そうなんだ。
私が誰かに伸ばしていた手は
誰かを救うためじゃなく、
自分を支える杖がほしかったからなんだ。と気づいたときのショック。
それを再現させられた台詞だった。
彼らはおとなになってしまった。
物語は終わり、始まっていく。
私はどうだろう。

解説の後に
料理好きには嬉しい「ひきこもり探偵のレシピ」が載っています。
つくってみたいな。
[PR]
by haraheri4 | 2007-01-26 12:29 | 読書 | Comments(2)
Commented by iyonm at 2007-02-07 12:13
haraheriさんは読書家ですね。
いつも感心しています。。。
Commented by haraheri4 at 2007-02-08 09:33
…あ、ありがとうございます。
最近そんなに読めなくて…照。
<< おやすみいただきました。 「仔羊の巣」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索