道草日和。

「まなづるとダアリア」

「まなづるとダアリア」
宮沢賢治
角川文庫

久しぶりの賢治。
賢治の難解な詩(彼は「詩」とは呼んでいない)や
有名な「銀河鉄道」「やまなし」などとは違って、
皮肉とユーモアをいったりきたりする作品集でした。

夏だ。
古典に向かおう!
とシェイクスピアやら賢治やらに取り組む読書の日々。
自宅ではあいかわらず、「古事記」と格闘中。
古語と現代語訳を交互に読み、
古語部分は音読しているから自宅でしか読めないのです。
[PR]
by haraheri4 | 2007-08-03 12:29 | 読書 | Comments(0)
<< 酵母パンができるまで5 「リア王」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索