「風林火山」

「風林火山」
井上靖
新潮文庫

久々の井上靖、
そうそうこんなかんじだったなあ。
固い文体にロマン(チック、をつけたくなる)な展開。
固有名詞と東西南北、歴史に弱い(強いものなどないけど…)私には
とても新鮮に読めました。
大河でやっているので、本屋に平積みでした。
大河はみていないけれど…これ、どうドラマにしているのでしょう。

風林火山の地元に親戚をもつ友人は
「帰ると、武田・武田…だ」とかいっていた。
わかる気がする。この勢い。
[PR]

by haraheri4 | 2007-09-05 18:04 | 読書 | Comments(0)