道草日和。

「雪沼とその周辺」

「雪沼とその周辺」
堀江敏幸
新潮文庫

人のつながりが細いけれど存在する町。
つながりは太さではなく、
あるかないかなのかもしれない。
決った箱に出かけていかなければ
つながりなどない町に暮らしていると、
雪沼が懐かしい、優しい。

最後の数行の悲しさ、
これまで読み進めて温かい人柄に触れてきたのに、
訪れる転換は、続いて次の短編を読むことができないくらい。
つながりが切れることの悲しさ、
つながりが新しいつながりを生む不思議。

文体、繊細。
[PR]
by haraheri4 | 2007-09-11 12:14 | 読書 | Comments(0)
<< 「模倣の殺意」 手に汗握る >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索