「カラマーゾフの兄弟」

「カラマーゾフの兄弟」
1、2、3、4、5(エピローグ別巻)
ドストエフスキー
光文社古典新訳文庫

1ヶ月のうちに、いや2ヶ月のうちに
いっそ年内に…と思ううちに年を越し、
ようやくエピローグを読み終えたところ。
現在、訳者による「解題」を読んでいる途中であるが
私が感じたことが、綺麗に整理されて文字化されているので
解題途中でブログUPすることにした。

長かった。長い道のりだった。
おかげでブログは一向に「読書」コーナーが更新されないままになってしまった。
登場人物の名前の長さ、一人一人のせりふの長さ(ある人物は4時間語り放し…)、
登場人物の多さ、絡み合う人間関係の複雑さ、問答の極端さ…
そしてカタカナの多さ。
訳者は解題で「石橋を渡るように読め」と書いているが、
そういうことはもっと早く言ってほしかった…あう。

そのような困難の多い小説世界であっても、
この魅力は不思議。
神の在・不在、革命か保守か、という議論の極端さに
通常の小説だと作者の意図が見えるものだが
カラマーゾフでは見えない。
登場人物はみな、ひとりひとり独立して生きている。
ひとりひとりが、長いせりふをもち(持たない人物もいて、それこそが主人公である)、
さまざまな主張を自由にしている。
ロシア的とは、カラマーゾフ的とは何か
説明されぬままに、読者はその世界に引きづりこまれて、考える。
劇的な生き方と数日間の時間、
複数の人生を凝縮して見せているかのようだ。

そして残る多くの謎。
どうして、そういう判決になるのか、それに従うのか、
主人公はこれから何に依拠していくのか、
どうして「カラマーゾフ万歳」なのか、
心の病にかかる複数の人物の人生はどうなるのか、
これから大人になっていく主人公はどこに生きていくのか…。
謎だらけで終わってしまった。
何しろ、この長い長い小説は第1部で
2部が描かれないまま作者は亡くなってしまったのだから…。
それでも、私たちはきらめく人々のありように、
相反し、長く短いせりふに、世界に、人々に魅了される。
明滅する極端なドラマは、人生の複雑さを感じさせる。
答えはひとつじゃないんだ。

などなどと思うことが、「解題」ではもっと洗練されて
語られていますので必読です(まだ途中だけど)。

さあ、カラマーゾフは終わった。
次に読むのはドストエフスキーをあといくつか読んだあとになるだろう。
それまで、さようなら、愛しい私の主人公よ。

で、正直、カラマーゾフが終わって「これでたまってた本が読める!!」と
喜んでもいます、ごめんよ、アリョーシャ。
[PR]

by haraheri4 | 2008-01-05 14:03 | 読書 | Comments(0)