道草日和。

「葉桜の季節に君を想うということ」

「葉桜の季節に君を想うということ」
歌野晶午
文春文庫

2004このミス・本格ミステリの1位をとった本作品ですもの、
心してかかりました。
だまされるに決まっている、だまされるものか、
読みきってやる、読んでやる!…と思って読んだのですが。
完敗です。

いいミステリは、文学だと思う。
文学は一字一句読み落とすなと、
大学の講義で言われたっけな。
それなのに…修行が足りん。
おもしろいです、内容はまったく説明できないけど
(それは、本読みとしてマナー違反になるほど、
今回は説明できない)。
ちょっと苦手な描写も、必要だったんだな、って後から気づきます、
苦手なものは苦手なままですが。
[PR]
by haraheri4 | 2008-01-11 20:44 | 読書 | Comments(0)
<< かくれんぼ … >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索