「ブルースカイ」

「ブルースカイ」
桜庭一樹
ハヤカワ文庫

物語に引っ張られて、あっという間に読んでしまった。

少女は、幼女でも女でもない。
あるとき、ある時代にいる不思議な存在。
それを媒介に、つながっていたい思いがあふれる物語。
[PR]

by haraheri4 | 2008-03-13 21:23 | 読書 | Comments(0)