「夜市」

「夜市」
恒川光太郎
角川ホラー文庫

ホラー小説大賞受賞作…
怖い、怖いけど、昔話のようなせつないこわさ。
繊細で、穏やかな文体で、
おどろおどろしいものではなく。
その文体だから、怖さが静かに静かに迫るのかもしれない。
[PR]

by haraheri4 | 2008-06-14 21:29 | 読書 | Comments(0)