道草日和。

「蟹工船」

「蟹工船・党生活者」
小林多喜二
角川文庫

今回は話題の「蟹工船」だけ読みました。
何度めの再読です。
古い私の本は180円と印刷されている。
そして付箋。
多分、父が買って、私がもらい、
私が大学でレポートしたのだろう。
いま、平積みされているのは新潮文庫版ですね。

読み終えて、「多喜二ってすごい!現代的!」と思いながら
活字中毒?の私は、すぐに別のものを読み始めた。
ら、そこに「『蟹工船』はつまらない」というコラムが…。
「『蟹工船』を読むより、彼女を誘って蟹を食べに行きましょう」と結末にあった
(いや、「愛はだいじ」って書かれていてそれは大賛成なんだけどね)。
…土用の丑だってうちはうなぎが食べられません。
まして蟹なんて!!

多喜二は集団を描くこと、個人を描くこと、その両立を目指して
試行錯誤していた。
「蟹工船」もその中で生まれている。
多喜二の取材と想像力で、現在にも通じる悲惨な労働と搾取が
文学として描かれている、と思います。

大荒れの海でも、体を壊されても、たたき起こされて働かされて、
「少しはふるさとに金を残したい」という希望も砕かれ、
「国家のため」という名目で動かされ…でも、俺たちは人間だ。
その叫びが、聞こえてくるようです。

派遣や請負、さらに偽装請負まであって
トラックに詰め込まれて、1日働かされ、
なんだかんだと名目をつけてピンはねされて
ネットカフェで眠れぬ夜をすごす若者たちに、
ぜひ読んでほしい1冊です。
[PR]
by haraheri4 | 2008-07-24 17:08 | 読書 | Comments(0)
<< 「少年たちのおだやかな日々」 地震 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索