道草日和。

「メシアの処方箋」

「メシアの処方箋」
機本伸司
ハルキ文庫

考古学やら生物学、SFやら機動隊やら…
法も倫理もすっ飛ばして「知りたくはないのか」と
それだけのために
仕事をやめ、結婚もし、子どもも生まれ、
犯罪者となり、でも裁かれず。
「知りたくはないのか」…私たちは謎の前にひれ伏す。
謎のために何でもやってしまう男と
それに振り回される主人公もまた、知りたいのだ。

知った事実はシンプルなことだった。

個がばらばらに存在し、ばらばらさが加速していくいま、
誰かのためにできる何か小さなことがないか。
ばらばらでいいのか、楽してていいのか。
誰かのために暖かい靴下を編むことができるか。
[PR]
by haraheri4 | 2008-10-02 21:36 | 読書 | Comments(0)
<< ぶどう酵母パン4 ひなたぼっこ >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索