道草日和。

「熊の敷石」

「熊の敷石」
堀江敏幸
講談社文庫

表題作は芥川賞受賞作。
他2作。

「熊の敷石」
「なんとなく」もなく、何も考えず言葉を発してしまう私は
知らぬ間に友や家族の大切な心に
踏み込んではいないだろうか。
熊の行為は切なくて、どうしても「余計なおせっかい」としてしまえない。
人と人との間の取り方の、なんと難しいことよ。

「砂売りが通る」
過去と現在が夢のように混ざり合い、
今は母親となった女性の、あの頃の微笑を見つけて、心揺さぶられる。

「城址にて」
ユーモアと切なさ。
人への信頼が感じられる作品。
[PR]
by haraheri4 | 2008-10-31 07:33 | 読書 | Comments(0)
<< 「僕たちの終末」 「わたしたちが孤児だったころ」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索