道草日和。

カテゴリ:旅・散歩・町( 201 )

台北レッツゴー♪2011.09.16:故宮博物院①

私たちの旅で、はっきり行き先が決まっていたのは
故宮博物院だけだ。
初めてのタクシーに乗って、博物院についたら
朝、09:00すぎだったと思うけど、もうなかなかの人出だった。

日本語ガイドマップを手に入れ、作戦会議。
60万点ともいわれる所蔵を誇る、世界四大博物館。
もちろんそのすべてが展示されているわけではないけれど、
それでも展示物を全部見ようなんてことはできやしないのです。
そこで、3階で3部屋(といっても、先が見えないほど1室が広い!!)をみて
そこでまた考えよう、ということに。

故宮で一番有名で、お土産物キャラクターにもなっているのは
「玉でできた白菜」「玉でできた三枚肉」である。
この部屋は上記のたった2点だけが展示されていて、
入場制限されている、というたいへんな人気ぶり。
ちょっとあきらめかけたけれど、玉製食べ物を見ることができて
一同感激!!(たぶん30秒にも満たないくらいだったが)。
当然撮影は禁止なので、お土産の白菜キャラを載せました。
b0044694_14195539.jpg

これは、お土産の耳かきなんですけど、
本物(実物)はこのような形のもの(白菜ですよ)が宝石でできてる、という
ゴージャスな話なのです(お土産は玉でできてはいませんっ)。
帰国して、妹にその話をすると
「なんで宝石で白菜なんか作るの?」という
もっともな質問が…。
さあ、王様の考えていることなど、われわれ庶民にはわからないなあ。
(2011.09.16)
[PR]
by haraheri4 | 2011-10-02 08:34 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.16:朝食

05:00(日本時間06:00)目が覚める。
いつもどおりだな。

朝食はホテルのビュッフェ。
この日から3日間、朝食はここでしっかり食べた。
昼と夜は自分たちでなんとかするので、
なんとかならないことも考えられるため、
「ちゃんと食べられるのはここだけ!」というきもちがあったからかな。
b0044694_881438.jpg

白米、おかゆ、パン、玉子焼きやサラダ、
蒸し野菜、蒸しウインナーなど、
特に台湾的なにかがあるわけではないので、
たいていのものは食べられる。
肉まんの肉なしのようなものも食べた。
3日食べて、3人とも「これはどうなんだろう…」と
残さざるを得なかったのは、味噌汁だけだ。
(2011.09.16.07:20)
[PR]
by haraheri4 | 2011-10-02 08:11 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:夕食

夕食はホテルの部屋で食べよう、ということになり、
母と二人で町に出る。
台北駅の地下はしゃれた若者向きの町になっていた。
うろうろしてようやくテイクアウトできる店を見つけた。
看板をみながら、注文したいメニューを書いて見せにいったら、
レジのところに、食べたいものをチェックして注文する紙があった…
持って帰りたい、という気持ちをこめて
「望持帰」と書くと、お兄さん、首をかしげて
「Take out?」と。
「そう、テイクアウト!」…なんだ、テイクアウトでわかるのか…。
今度は呼び出し№の票を持って待っているが、
自分たちが呼ばれたかどうか、わからないわけだ。
すると高校生くらいの男子が
「№見せて。ああ、あなたたちが呼ばれているよ」(台湾語)と教えてくれた。
「謝謝!」といって持ち帰ることができた、本当にみんな親切ね。
3つ頼んだつもりが2つになっていたが、まあいいのだ。
1つは餃子。おいしかった~
b0044694_20241095.jpg

もう1つは、野菜炒めなんだけど、こういうふうになかなかできない、しゃきっと感がいい。
にんにくも効いていてうまい!
b0044694_20241781.jpg

ビールとお茶はコンビニで買った。3本で90元。
b0044694_20242460.jpg

あとはホテルのお菓子を食べたりして、
たいして食べていないのになんとなく満足。
(2011.09.15.19:15)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-24 20:27 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:台北駅

台北駅近、台北凱撒大飯店がお宿。
日本じゃ泊まったことがない「スイート」って部屋に泊まる
(旅行会社に予約したのが早かったから、サービスらしい)。
窓からは、台北駅がどーんと見えます。
b0044694_16185017.jpg

広いなあ、公園みたいだなあ。

あとで、この駅前に父車椅子で行ってみた。
人込みで、多少道ががたついていて、
なかなか車椅子移動はたいへん。
だけど「こっちは階段があるから車椅子はいけないよ」
(もちろん台湾語(私は話せない)、ニュアンスで翻訳)とか
みんなが何かと声をかけてくれるのだ。
喫茶室でも、入口でまごまごしていたら
(お店の人でなく)お客さんが「こっちにお茶を飲みたい人がいるよ」(台湾語)と
お店の人に知らせてくれるのだ。
なんて親切な人が多いのだろう。
(2011.09.15.16:30)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 16:26 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:オレンジ

喫茶室で紅茶を頼んだつもりだったが、
出てきたのはオレンジのなんかだった。
あたたかいオレンジジュース?
b0044694_1612489.jpg

りんごも浮いている。よく見れば、ティーバッグも。
後日、「フルーツティ」というものを
間違えて頼んだか、間違えて出てきたか、のどっちかだとわかった。
(2011.09.15.15:00)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 16:13 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:道路だよね?

ダンキンの前の道。
バイクぎっしり駐車。
b0044694_165738.jpg

(2011.09.15.15:00)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 16:06 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:〇〇均一ショップ

漢字が一番古い形で使われているところ、というのを聞いて
「それなら、行けるかも?」と父母と3泊4日の旅へ。
5月末くらいから企画して、
9月15~18日行ってきました。
誰も先導がいない(自分がコーディネーター)の海外というのは、
初挑戦です。

羽田から3時間ちょっと、そこから車でホテルへ。
2階の喫茶室でお茶を飲んだときは「きたな~」とほっとしました。
その窓から見えたのは、
100円ショップならぬ「39元」ショップ。
b0044694_15573480.jpg

下はダンキンだし。
(2011.09.15.15:00、以後台北旅行記事は台湾現地時間です)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 15:59 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

夏のねこ

そこは涼しいですか?
b0044694_1842032.jpg

(2011.07.09)
[PR]
by haraheri4 | 2011-07-13 16:43 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

4.29one day trip:横浜夜景

神社のあとは帰路。
各駅PAでレモン牛乳を探しつつ、見つからずにあきらめる。
首都高速では、私は常に気を失う(寝ちゃう)ことにしている。
ブランコもすべり台も苦手な私は、
遊園地なんて行っても乗れるものがない。
首都高はそれと同じ効果を私にもたらすのです。
「ぎゃー!ぎゃー!!」と叫んで、
夫の運転に支障があってはたいへんなので、
毎回「寝ているうちに通りすぎていた」ということになるようにしています。
夫が横浜に寄り道を希望。
b0044694_9215024.jpg

青空と緑の足利から帰ってきた目には、
なんという光の多さよ、と思わされる。
日頃、電車で通りすぎるだけのみなとみらいを
こんなふうに見るのは本当に久しぶりです。
(2011.04.29.21:00)

思ったより早く帰宅できた。
しかし、ニュースで見ているとすさまじき渋滞。
みなさん、お気をつけて。
[PR]
by haraheri4 | 2011-05-05 09:24 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

4.29one day trip:織姫神社

渡良瀬川のおまつりで、「萌えキャラ」グッズが売られていた。
遠巻きに見てみると「織姫神社」のお守り?らしい。
その場で手に取る勇気がなかったということと、
車で走っているうちに「どうもこっちの方に織姫神社があるらしい」
とわかってきたことで、行ってみることに。
こんもりした丘の上にあるらしい。結構な階段なり。
b0044694_8563657.jpg

いわれを見てみると、
b0044694_8572235.jpg

こんなふうにあった。「倭姫命世記」に登場する神のようです。
織姫・彦星とも関係がありそう(というかそのものなのか?)です(ネット情報ですが)。
どちらにせよ、織物、のちにそれを含む産業振興の神だとか。
登っていくと、かわいらしい神社登場。
b0044694_90238.jpg

しかし目指す萌えキャラ守りは見当たらない。
けれど、絵馬がなんとなく、いやかなり強くその傾向を表していた。
なんと手作りの絵馬まであって、それが萌えていた…。
当初足利にきた目的は藤の花を見ることだったが、
それはこの神社でかないました。
b0044694_931474.jpg

神社と山続きで織姫公園あり。
春夏秋冬で楽しめそうな緑濃き木々、奥におそば屋さんもあるらしい。
公園までは足腰ひよわな私にはハイキングぐらいなのぼり坂なのだが、
公園入口近くに短大・付属中高があり、
そこの学生さんと思われる少年たちは、すいすいとその坂をのぼって消えていった。

何かとつっこみたくなるような、しかしきもちがいい神社と公園でした。
(2011.04.29.16:00)
[PR]
by haraheri4 | 2011-05-05 09:09 | 旅・散歩・町 | Comments(0)



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索