<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

疲れがあらわれてきました。

なんだかみんなカリカリしています。
私もがんばっても空回り。

だもんで、ストレス解消に
「レタスクラブ」買った。
↑そんなわけで、うちにはストレス衝動買いの
「レタスクラブ」「オレンジページ」があふれている。
まあ、落ち着けば、料理の本になるのだからいいんだけど。

しかも今回は「憧れスイーツ」特集。
…甘いものが必要。
心にもおなかにも。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-26 12:29 | 市民劇 | Comments(0)

「バッテリー」

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
「バッテリー」
あさのあつこ 角川文庫

「おばさん、野球って、させてもらうもんじゃなくて、
するもんですよ」

…ああ。
妥協を知らない、協調性もない、プライドの高い少年の台詞、
まぶしいばかりだ。
現実にそばにいたら、小憎らしいガキだ。
私もおばさんのように「野球をさせてやってる」
っていうんだろうな。

だけど、子どもはしたいことをしているし、
おとながいったことをちゃんと聞いて矛盾が見えているし、
誰とでも仲良くなんてつまらないし、
それでもいろいろなことに気づいていくのだし…
そういう存在なんだ。
それでいいんだ。

まるく収まらない「児童文学」の
きもちよさ。
子どもにも、かつての子どもにもおすすめです。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-21 12:40 | 読書 | Comments(0)

「暗い青春・魔の退屈」

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物

「暗い青春・魔の退屈」
坂口安吾著 角川文庫

海に、単調な砂浜にふるさとを思うせつなさは
なんとなくわかる。
子どもの淋しさはおとなになっても消えず、
その淋しさをもっている人、
淋しさをわかってくれる人に、私もひかれてしまいます。

安吾、違うものも読んでみたいです。
が。
落ちてるときに、読んではいけません。
加速します。
読んでみて、ひっぱられそうになりました…。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-18 18:31 | 読書 | Comments(0)

お客さんがきた日のメニュー。

トラックバックカテゴリ:グルメ
新居に初のお泊り客。総勢6人。
この日のメニューは…
・お通しはちくわにきゅうりをさして、わさび醤油。
・餃子→たくさん人がくる日はみんなで作れるメニューを1つは入れたいと思っています。餃子のネタだけ作っておけば、包むのをお任せする。
・煮卵→ゆで卵5個に対し、水1カップ、砂糖大さじ2、醤油大さじ3。1、2、3の分量なので覚えやすい。が、私は砂糖は少なめだし、今回は計量カップが見当たらないので湯飲みで計った。今回卵は18個だか、16個だか、ゆでた、残らなかった。ゆですぎ、食べすぎ。
・サラダ→レタス、三つ葉に刺身用イカ(少し刺身でだした)。これに塩コショウ、オリーブオイルかけて、レモン汁かけてできあがり。「何をかけてあるの?」といわれ、種明かしをすると「それでこんな味になるの?」といわれる。うん、手のこんだ料理は苦手だからね。

こんだけか…
一点豪華主義だからなあ
↑今回はどれが豪華なのってかんじ?
餃子は5パック買って、1パックあまり。
ふだんは夫婦2人で2パック食べるので
なんとなく不思議。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-18 18:23 | たべもの | Comments(0)

荷物

本日の荷物は…
いつももっているリュック、
着替えと上履きが入った手提げかばん、
チラシが入った紙袋、
財政係の書類と仮台本等が入った肩掛けかばん、
の計4つ。

これをもって横浜をうろうろしている人って、
たぶん悪い人から声かけられないだろうな、
あやしくて。
帰りはチラシがなくなるから
かばんは3つになるといいなと思っている。

ただでさえ普通よりは荷物が多いけど、
市民劇の間は尋常ではなくなる。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-12 13:53 | 市民劇 | Comments(0)

留守番

b0044694_133466.jpg今、いんこが我が家にいる。
父母が京都に遊びにいくというので、気の毒に彼(彼女?)はお留守番だった。
しばらくなれない家に戸惑っていたようだったがそのうちなれて、
朝2時間くらいだけ、ベランダに出してあげるのを覚えて
朝になると「ぴー、ぴー(出してよう)」と催促するようになった。
鳥は首をかしげているのがもっともかわいい☆
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-08 13:36 | くらし | Comments(0)

「ビネガー 278の使い方」

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
「魔法の液体 ビネガー お酢 278の使い方」
ヴィッキー・ランスキー著
飛鳥新社

トラックバックは「小説」だが
これは「くらし」のジャンルだよな…。
読む、というより役立てる本。
安吾に疲れると、こちらを読んでいます。
本は「がんばったから」「疲れたから」「ごほうびに」
と何かと理由をつけて買ってしまうが
この本も衝動買い。
前に重曹の本を買って、これは姉妹本です。

アレルギーの鼻と肌をもつ私、
相方はぜんそくもち。
そろそろ、自分にも自然にも優しいもので
いろいろなところをきれいにしたいなあ
と思っています。
なかなか実践できないのだけれど、
お風呂の洗剤とトイレの洗剤は買うのをやめ、
重曹水で洗っています。
食器と洗濯は石鹸(水、粉)を使っています。
少しずつ、無理しないで
こういうスタイルに移行したいなあ。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-07 13:22 | くらし | Comments(0)

坂口安吾…

トラックバックカテゴリ:小説・詩・読み物
いま、安吾を読んでいます。
調子が悪いときに読むのはよくないね。
暗さに引きずられてしまいそう。

というわけでなかなか進まない…。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-07 13:15 | 読書 | Comments(0)

ねこ日和

トラックバックカテゴリ:旅行・地域
この日は計5匹のねこに会った。
翌日はゼロ。
このねこはうちの近所に住んでいる。

b0044694_12374517.jpgん、何かみてるな。


b0044694_1238126.jpg伸び上がった!


b0044694_12382596.jpg何を見てるのかな…。

ねこの視線を追うと、
木の上に別のねこがいて、
同じ木の上にとまったからすを見ているところだった。
…う~ん。
[PR]

by haraheri4 | 2005-04-04 12:43 | 旅・散歩・町 | Comments(0)