<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

沖縄、いってきました。

昨夜、帰宅。
また別ブログか、このブログで
様子をお伝えします。
b0044694_7484488.jpg

ですが、1枚だけ写真載せます。
美ら海水族館にいたいるか。
かわいい!!
病気と闘って生きているいるかです。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-28 07:51 | 旅・散歩・町 | Comments(2)

明日から沖縄

こんなに長く患うとも
同じ日程で神奈川で平和大会があるとも
全く思っていませんでした。
まあ沖縄行きの日程を決めたのは
ずいぶん昔ですけど。
からだを労って、無理しないよう、のんびりしてきます。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-24 21:24 | 旅・散歩・町 | Comments(2)

個別原価計算

間接費の公式のひとつをならったので
適当に式を作って計算した。
間接費をわけっこするという問題なので、
間接費の総額をこえるわけがない。
なのに、総額をオーバー(涙)
先生に聞くと問題の立て方が悪いらしい。

既に半分の日程を終えた講座、
私が追いつける日はくるのか?
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-24 21:18 | 勉強 | Comments(0)

顔向け。

「勉強」のところで、
顔向けできん、と書いたのですが、
向けることになった。
今夜。これから。

仕事もきうきう。
病み上がり。
勉強進まず。
市民劇の参加はハンパ。
やれやれ。

このところ、「たべもの」の投稿ができてないのは
それだけ忙しいから(忙しがっているから)なんでしょう。
なんか、うまいもの作りたいです。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-22 19:29 | 市民劇 | Comments(0)

帯状疱疹

まだ少々痛いのですが、
今日で通院は卒業しました。
ばんざい。
痛いのは胸と、脇。
冷えるとちくちくします。
胸が痛むなんて…うふ。乙女みたい☆
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-22 19:26 | Comments(0)

起きられない話。

昨年もそうだったけど、
起きられませんな。
今朝は久々6時前に起きました。
起きただけで勉強は進んでいません。

ええ、毎年のことです。

市民劇にも受験生がいて
「受かるまで顔出さない」宣言をしていたが、
私は顔出してないし、
勉強も進まない。
これじゃあ、ほんとに顔向けできないよ。

落ち込みつつ、
「明日があるさ」と自分を励ましつつ。
…でも、今日の講座の予習くらいはしておきたかった。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-21 14:23 | 勉強 | Comments(0)

「春の雪」

「春の雪―豊饒の海(1)」
三島由紀夫
新潮文庫

この時期に、禁断の読書。しかも三島。
映画になったというので、読んでみた。

雪も、砂も、海も、月も、
ただ一つのことだけでなく、多重な意味を持っている。
それが、後から「あれはこういうことだったのか」と
思わされる。
ほんと、文学だなあ、と思う。
文学世界が深くて、広い。

けどね。
私は、三島と違うものを美しいと思うでしょう。
土や汗や血にまみれたことのない手を持った青年より、
それにまみれた手の悲しみや
美しさにひかれるでしょう。

だから、これが映画になって
しかも、「悲恋」「美しい恋物語」みたいなCMをみると
どうやってそういう「お話」として映画化されたのか
頭をひねる。わからない。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-18 13:06 | 読書 | Comments(1)

簿記の理論

日商2級、全経1級レベルの講座。
商簿も工簿も、1ヶ月くらいずっと理論の勉強が続いています。
「保守性」だとか「正規の簿記の方法で」とか
「真実性」だとか…
7つくらい基礎になる考えがあるようで
それを覚えるように言われています。

…無理。
日本国憲法前文を覚えている私なら
できる、できる!と思っていた、
けど、それは甘かった。
台詞は「締め切りがあるから覚えられる」のだと知った。
「そのうち覚えとけ」というのは覚えられないんだね。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-16 22:59 | 勉強 | Comments(2)

つかれた。

仕事は忙しく、
病院にも通い、
簿記の講座にもいって…
疲れた。

あと2日、なんとか過ごそう。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-16 22:53 | こころ | Comments(0)

「私の頭の中の消しゴム」

だいぶ、体調よくなりました。
疲れやすいけど。それに太った。

さて「消しゴム」
私はよく、自分がしあわせだということを忘れる。
氣志團が「死にたいのか、暇なんだろ」と歌っているけど
私が、自分があまりしあわせではないと「妄想」するのは
暇だからなんだろう
(病気の人は、死にたくなるのは病気のせいで、
あなたのせいではないし、暇なせいでもないので、
ちゃんと病院に行ってくださいな)。
私は、ちゃんと生きていて
相方と毎日を過ごしていて
仲間がいて
本を読んだり、ものを考えたりすることができて
…やっぱりしあわせじゃん、ねえ。
それを忘れないように、かみしめよう、ときどき。
そう思える映画でした。
[PR]

by haraheri4 | 2005-11-06 16:12 | 芝居・映画 | Comments(0)