道草日和。

<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お土産

相方がゆずを追いかけて名古屋に行ってきた。
ゆずには会えず残念ですね。
ですが、お土産いろいろ。
なかでもこいつはすばらしい。
b0044694_21132179.jpg

愛する人のお土産は、これできまり☆
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-30 21:18 | くらし | Comments(3)

うまくいかない日

もっとも得意になりたい(←得意、ではない)分野の仕事が
うまくいかない。

上司に謝ると「早く帰っておいしいものでも食べなさい」という。
ありがとうございます。

ただ、そういうミスをする自分が許せないで
とても悔しいし、悲しくなってしまっています。
何かひとつでも自信がもてるようにと
勉強していても、こんなミスをする…
なんだかつらいなあ。
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-30 18:28 | こころ | Comments(0)

だめだし

昨日の実行委員会は…
いろいろ反省もしたし、また自分へだめだししている。

自分は間違いをおかす、それなのに何かを人にいいたくなる…
人に注意しておいて、
自分はそれができていないことを見落としているわたし。

人のことより、自分の間違いを正すことに専念しないとなあ…と反省。
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-26 11:58 | こころ | Comments(0)

九条神奈川の会

九条神奈川の会

たくさんの人が集まり、
九条守れの思いを持ち寄りました。
憲法劇の高校生がたった1人で訴えて、
たった1人でアカペラで歌ったのは、すばらしかった!!

「731部隊」の合唱曲で
「ひとりはだめ、みんなと手をつなごう」みたいな←かなりharaheri4語…
歌声に「ほんとだよ…」と涙。

でも。
どうも、裏方に目がいき、
どたばただったのが残念。
b0044694_225770.jpg

[PR]
by haraheri4 | 2006-05-22 22:05 | 世の中 | Comments(0)

ライダー

わが相方もライダー。
この三毛さんもライダーですが…
b0044694_734745.jpg

乗り方が前後逆ですよ。
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-22 07:35 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

「戸締め言葉」は野暮

朝日新聞5月17日夕刊「暮らしうるおう江戸しぐさ」 越川禮子

を読むと、反省とともに
「あの人に読ませたい」と思ってしまう。
と思いつつ、こわいのと「自分はどうなんだ」と思って…

たとえば…
「人の感情を逆なでするようなとげとげした言い方、チクリチクリとした嫌みや、あてこすりのたぐいの『刺し言葉』は、水かけ言葉ともいい、そのような心ない言葉からいじめやいくさが起きると禁物でした。」
とか。

「『でも』『だって』『しかし』『そうは言っても』などの『戸締め言葉』も、口ぐせにしないように気をつけたいものです。」
とか。

「『だめでもともと』が江戸っ子たちの、ものごとを『陽』にとらえるプラス精神でした。分かっていても、わざわざ他人の揚げ足を取るようなことは言いませんでしたし、そのような人は『野暮』とされました。」
とか。

…まずは自分から。
人を刺す言葉を発すまい。
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-19 12:37 | こころ | Comments(0)

ねこ坂

ねこ町ねこ坂1丁目。
b0044694_7311917.jpg

この日は彼女のほかにねこ2匹。
b0044694_7325633.jpg

[PR]
by haraheri4 | 2006-05-19 07:33 | 旅・散歩・町 | Comments(4)

帰り道

その帰り道、
ベニバナトチという花とであった。
近くの高校の生徒が、解説の看板を作って
木につけていたので、名前を知った
(←基本的に食べられる草花、ハーブしか名前がわからない…)。

b0044694_7464366.jpg

b0044694_7465992.jpg


きれいだね。
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-18 07:47 | 旅・散歩・町 | Comments(2)

私のサイズ、私のスピード

それがわからなくて、苦しくなる。
それで、ある人に会いに行った。
初めて会ったTさんは
「あなたは自分はがんばっていないと思うけど、
周りからは働きすぎだと思われている、そのギャップを知ることよ。
体に症状が出ているのは悪いことじゃない、
それはサインなんだから、働き方・生き方を見直してみるチャンスよ。
今は休みなさい。
やりたくないことはやらなくていいの、
あなたじゃなくても誰かがそれをするのだから」
そんなことを話してくれた。
そして「あなたはいろいろなものを背負っているのね」と
いたわってくれた。わかってくれた。

こうして支えてもらっても、まだ
「でも…」といいそうになる、おろかな私。
「私がやらないと。少人数職場だから代わりがいない」といってから、
ああ、これをいわれたらすごくいやな気分になるなあ、
だから市民劇でもそういいそうな人との接触を避けていたじゃないか、
自分も同じことをいおうとしている!と気づくのだ。

休むこと。
やりたくないことをやらないこと。
この2つ、忘れずにいられたらなあ。

Tさんは「私は占い師じゃないわよ」と笑っていたけど
驚くほど、初対面の私をわかっていた。
彼女の仕事はソーシャルワーカーです。
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-18 07:35 | こころ | Comments(5)

その夜…

b0044694_785849.jpg

市民劇終わって、紅葉坂からみなとみらいに降りてくると
見えた観覧車。
おお、ぞろ目だ~
[PR]
by haraheri4 | 2006-05-17 07:10 | 旅・散歩・町 | Comments(2)



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索