道草日和。

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

白い花咲いた。

妹にもらって育てていたけど、
何年も花なんて咲いたことなかった。
今年、鉢をふたつに分けてみて
初めて咲いた花。
b0044694_22144167.jpg
b0044694_22145517.jpg

うれしい☆
…これってなんていうお花?
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-29 22:16 | くらし | Comments(2)

梅干2

横浜はまだ梅雨明けしません。
梅干は、しそにつけて
b0044694_7214887.jpg

現在はこれよりもっと染まってきました。
「梅雨が明けたら外干ししましょう」ということになっているので
いつもより外干しが遅れています。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-27 07:23 | たべもの | Comments(0)

日商簿記、三度目の挑戦

7月頭に全計の試験があり、
もう間違いなく落ちてるなあ…と受けた私にはわかる。
20日からまたまた簿記の講座に通うので
試験が終わった→ら、駆け込み読書、をしていました。
が、とうとう始まってしまった、今一冊読みかけですが。

今度こそ、
この秋こそ、
とるぞ、2級。
前回までと、会館の人も変り(春から指定管理者制度になった)、
先生も変り(今回はL●Cからやってきた)。
前の人たちの義理と人情、怒りや悲しみ…
そういうものはいっさいなくなってしまったが
受かるためにはしかたない、
会館のつまらない応対にも
先生のビジネスライクな講義も
受けて立つ。

…というか、よろしくお願いいたします…弱気。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-21 12:48 | 勉強 | Comments(0)

「街の灯」

「街の灯」
北村薫
文春文庫

文庫になったら即買い!作家の一人、北村薫。
この人のおかげで、「本格」というジャンルを知った←遅い…
ただのパズルではなく、文章に心がひかれます。
やさしい視点が根底にあり、厳しさもある、今回も。

うかうかと毎日を過ごし、
いろいろな人と自分を傷つけながら生きている私は
そこに謎があることも気づかずにいるんだろうな。
北村先生に叱られているような気がして読みました。
そう、「やさしくたたかれた」かんじだし
「失礼ながら傲慢かと思われます」というかんじ
(↑というのは、本文を読んでみてください。
でも、いま本文見ないで記憶だけで書いているので
多少違うかと思いますが)。

「街の灯」といえば当然チャップリン。
本書の時代はチャップリンが活躍した頃。
そのためか「ビルヂング」などと
ところどころで表記に気をつかっているのか、
あそんでいるのか、と思うところがありました。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-21 12:42 | 読書 | Comments(1)

「ゲッベルスの贈り物」

「ゲッベルスの贈り物」
藤岡真
創元推理文庫

うーん。
…あわない。
おもしろさがわからない。

筒井康隆みたいなはちゃめちゃをめざしているらしいが
筒井のおもしろさとは違う。
一歩引いてしまって作品世界に入れない。
それにその落ち、「創元推理」なのに、そんなの許せん、
いやヒントはあったけど、でも「推理」できるのか?
私の読みが浅いのか?
う~ん、そうなら申し訳ないや。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-20 12:54 | 読書 | Comments(0)

「ブレイブ・ストーリー」

「ブレイブ・ストーリー」
宮部みゆき
角川文庫

「時計を忘れて森へいこう」を読んだときにも思ったけど、
私が最近になって知ったこと、わかったことは
ほかの人はずいぶん前から知ってるんだなあ、
私って何にも知らないんだなあ
ってことを思う。

たとえば…
私は平安のいのりをとなえる、それは
「神さま 私におあたえください
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えていく勇気を
そしてふたつのものを見分ける賢さを」というもの。
「ブレイブ・ストーリー」を読んでいて
これは平安のいのりだ、と思った。
自分に変えられるのもは本当に少ない、
だけどそれを変えていくことには全く気づかず
「自分以外の何か」が変ってくれることを期待している私。
本当に変えられるのは自分だけなのに。

私にとって、そうしたことは
ここ数年で見えてきたものなのに
世間の人は(私がよく読む作家などは)
もっと前から知っている。それって…常識だったの?
それとも私が目をふさいでいただけなんだろうか。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-20 12:41 | 読書 | Comments(0)

「バッテリーⅤ」

「バッテリーⅤ」
あさのあつこ
角川文庫
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-20 12:34 | 読書 | Comments(0)

肉の塩漬け煮

最近、固まり肉を使って肉を塩漬け(重さの1割だと多い程度の塩)にして
b0044694_19282469.jpg

(↑写真は豚ばら肉)翌日塩を洗い流してから
ねぎやたまねぎを入れた湯で、1時間くらい煮る、
というのにはまっている。
というか、
漬物にはまっているのかもしれない。
マリネなすの酢油漬
そのバリエーションの1つに
「肉の塩漬け煮」(冷ましてハムのように食べる)があるのね。
お弁当はそれらの漬物をいれていきます。
b0044694_18583236.jpg

これは、鶏肉を上記のように煮たものを使っています。
煮た肉を少しあぶって、
なすの酢油漬けをのせたパスタ。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-17 19:00 | たべもの | Comments(0)

梅シロップ3・梅味噌3

梅シロップは無事完成。
毎日のように、水割り・サイダー割にして飲んでいます。
元気になれそう。

梅味噌。
2週間で梅を引き上げる、
というレシピどおりにしたのだが
少しゆるくなってしまった。
ので、肉をつけるソースにしたりしています。
ドレッシングのベースにもなるかも。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-17 18:55 | たべもの | Comments(0)

すももジャムを使って

ジャムを手作り。
そのジャムをつかって作った料理。
b0044694_1841061.jpg

鶏肉を開き、
そこにジャム・ベランダのハーブをはさんでくるくる。
フライパンで焼いて、
染み出た汁にしょうゆを混ぜて、それをかけた。
[PR]
by haraheri4 | 2006-07-17 18:47 | たべもの | Comments(0)



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索