<   2008年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「遠い山なみの光」

「遠い山なみの光」
カズオ・イシグロ
ハヤカワepi文庫

歴史が大きく動くとき、
人の気持ちはどれだけついていけるのか。
正しくありたい、清くありたいと
願い生きる人々が
踏みにじられた時代から
新しい時代へと移り変わるときに、
これまでの「正しさ」が変わってしまうときに、
人はどう生きるのか。
長崎とイギリスの地で古い「正しさ」と
新しい「正しさ」にゆれながら生きた女の過去と現在。
うなる…私はどう生きるのか、と。
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-30 18:51 | 読書 | Comments(5)

「猫丸先輩の空論」

「猫丸先輩の空論」
倉知淳
講談社文庫

見かけは子ども、頭脳はおとな、
その名は名探偵猫丸。…え?
この人の頭脳には頭が下がる、
けど毎日あってたらパワーが吸い取られそう。

今回は解説にも救われた。
「不思議だなあ、と思う気持ちがなくなってしまうと、人は成長を止めて老いていくんじゃないでしょうか」
…謎を心に持ち続けたい。
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-28 19:58 | 読書 | Comments(0)

「日の名残り」

「日の名残り」
カズオ・イシグロ
ハヤカワepi文庫

信念を曲げず、この人こそ、と思う人に仕え、
一生を過ごしてきた男が、
人生の「日の名残り」時に気づくいくつかの切ないことがら。
でも、夕暮れ時が一番きれいなんだと
誰かが教えてくれる。
ふたをしてきた気持ち、見えないふりをしてきたこと…
何もかもその職務を全うするがゆえだったのに。
切なさで胸がいっぱいになる物語。
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-27 17:29 | 読書 | Comments(0)

ぶどう酵母パン3

元種ができたら、強力粉や塩・砂糖・水とこねて
一晩冷蔵庫で寝かします(一次発酵)。
08.09.26

そして翌日。
取り出して室温に戻した後、
ぬれた布巾をかけて
3時間くらい放置して二次発酵します。
b0044694_1721910.jpg

うっすら紫色…。

その後、180℃で30分くらい焼きます。
b0044694_17215867.jpg


一部のパンには、夫手作りの餡を入れて
アンパンにしました。
b0044694_17223542.jpg

08.09.27
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-27 17:23 | たべもの | Comments(2)

ぶどう酵母パン2

液種ができたら、小麦粉とあわせます。
最初はこんな感じ。
b0044694_1802530.jpg

08.09.23

毎日、混ぜて、液種・粉・塩を足します。
今日帰ってきたらこんなにぶくぶくになっていました。
b0044694_1813265.jpg

08.09.25

あと1日で、元種の完成です。
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-25 18:02 | たべもの | Comments(5)

「魔王」

「魔王」
伊坂幸太郎
講談社文庫

自分の思いやスタイルと違うことが起きたとき
それは違う、といえるだろうか。
少なくとも「思える」自分でありたい。
できれば「違う」といえる自分に…。
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-23 10:48 | 読書 | Comments(0)

ぶどう酵母パン1

ぶどうの皮で酵母を育てる。
5日前、スタート。
何の泡立ちもない。
b0044694_819494.jpg

08.09.19

本日、5日目。
だいぶぶくぶくしてきました。
b0044694_8203188.jpg

08.09.23
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-23 08:20 | たべもの | Comments(0)

ベランダで稲2

すこ~し茶色くなってきました。
b0044694_8153657.jpg

[PR]

by haraheri4 | 2008-09-23 08:15 | くらし | Comments(0)

「すべてがFになる」

「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」
森博嗣
講談社文庫

タイトルが重要
と、あまり書いたことのないような
種明かしをしても
正解にたどり着く人は少ないだろう。
少なくとも、私のような文系人間には
回答を見せられても「?」が残ってしまう。
読みきれない、でもおもしろい。
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-21 21:23 | 読書 | Comments(0)

「わたしを離さないで」

「わたしを離さないで Never Let Me Go」
カズオ・イシグロ
ハヤカワepi文庫

言葉が形になる頃、
その残酷さ、切なさで、胸がいっぱいになる。
「わたしを離さないで」何から?どこから?
この問いの答えを知るときに、
魂や心は誰にも宿っているということを
考える。

これは物語であり、フィクションであるが
現実でもある。
人のおぞましさを突きつけられる。
人が人であることの証、魂は誰にも奪えないのだ。

カズオ・イシグロ氏の本、
出ている文庫は全部読もう、と思いました。
[PR]

by haraheri4 | 2008-09-19 21:11 | 読書 | Comments(0)