道草日和。

<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「バルサの食卓」

「バルサの食卓」
上橋菜穂子
チーム北海道
新潮文庫

守り人シリーズのファンブック、というか、
レシピブックというか。

前に買って、ちらっとページをめくったら
「まだ読んでないところが出ている!」ということに気づき、
あわてて本を閉じ、
シリーズ一応の完結をみた晩に、
あらためて開くことができました。

守り人や「獣の奏者」には
なんともおいしそうな空想の食べ物が並びます。
あの南極料理人もメンバーの「チーム北海道」の想像力で、
その料理が再現されました。
無発酵パンとか、お菓子とか、作ってみたいです。
(2011.06.22)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-29 18:25 | 読書 | Comments(0)

「天と地の守り人」

「天と地の守り人」
上橋菜穂子
新潮文庫

「蒼路の旅人」
「天と地…」を読むために、流し読み。
(2011.06.13)

「天と地の守り人 第一部 ロタ王国編」
向こうとこちらが重なり不安定で、
大国から襲われようとしている時に、
何を守るかなんて明らかだ。
けれど愚かなものもいる。
それが身内なら、苦しみは激しい。
それでも、
いつの間にか誰かよりも背の高くなった青年は行くのだろう。
(2011.06.16)

「天と地の守り人 第二部 カンバル王国編」
どんな経験も君を生かしてくれる。
かたくなさへの苛立ちも、
引き際に残す貢物も。
(2011.06.20)

「天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編」
愚かだとか、かたくなだとか、
それはみんな私の立場から見たにすぎなかった。
何を見ようとするか、
それにより人は立ち位置が決まる。
幼く泣き虫だった君は、
否応なくおとなになってしまった。
光り輝く御子ではなく、
過ちも迷いも穢れもある人の子として歩き出す。
物語はここに終わり、ここから始まる。

大好きなキャラクターは誰も脇役ではなくて、
それぞれ悩み苦しみ生きている。
幼かった君が無邪気に聞いたあの質問も、
こうして実を結んだね。
(2011.06.22)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-29 18:19 | 読書 | Comments(0)

「GOSICKsⅣ」

「GOSICKsⅣ 冬のサクリファイス」
桜庭一樹
角川文庫

嵐の前の。
(2011.06.15)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-29 18:11 | 読書 | Comments(0)

「夏化粧」

「夏化粧」
池上永一
文春文庫

母になるのは命がけ、
命をかけて命を生み出すものの願いは
強力な魔術。
命がけの願いを託されても、
受けとめ、けれどそれを超えて生きていくのだろう。
(2011.06.12)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-18 14:57 | 読書 | Comments(0)

りんご酵母パン

初夏最後の酵母パンになるかな。
6/6にできあがったりんご酵母を使います。

強力粉300g、りんご酵母液200cc、
塩小さじ1/2、はちみつ小さじ1を10分くらいこねて、
タッパーに入れふたをして、一晩一緒に布団で眠る。
b0044694_14482962.jpg

(2011.06.10.18:00)

翌朝、一次発酵終了。
b0044694_14481462.jpg

(2011.06.11.07:50)

薄力粉を生地にふりかけて手粉とし、
ちぎってはまるめ、ちぎってはまるめて、
b0044694_14483929.jpg

(2011.06.11.07:55)
ぬれタオルをかけて1時間置いておく、二次発酵。

180℃オーブンで15分。
b0044694_14504073.jpg

(2011.06.11.09:20)

食感は、ふわっと、もちっとがあわさった感じでした。
b0044694_14514818.jpg

[PR]
by haraheri4 | 2011-06-18 14:52 | たべもの | Comments(0)

「アイリッシュの誇り」

「アイリッシュの誇り」
エド・ディー
創元推理文庫

(2011.06.06)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-18 14:40 | 読書 | Comments(0)

私の手作り&ナチュラルライフ

私の手作り&ナチュラルライフにトラバします。

私が鼻・目・肌にアレルギーがあり、夫がぜんそく・鼻アレルギーがあるので、
できるだけ、少しずつ、家の中から化学的なものを減らし、
なるべくナチュラルなものに変えてきたと思います。
まあ、無理のない範囲で、です。

☆食事
・玄米食、白米併用です。震災前からガス炊きです。
・梅干・梅シロップはもう10年くらい作り続けています。梅干は、またブログにもupすると思いますが、昔ながらのしょっぱいもの、「腐らない」「とにかく作る」を第一に。冬はゆず茶を作ったりもします。
・自家製酵母。これは春と秋だけ取り組みます。りんごなどの果物を使って酵母液を作り、それを使って自家製酵母パンを焼きます。
・自家製酵母パンをつくるのが難しい季節は、ドライイーストでパンを焼きます。自家製酵母パンも、イーストパンもオイルは基本的に使いません。
・紅茶大好きな私ですが、主に週末だけのお楽しみ。夜はハーブティ。年明けから4月頃までは、花粉対策として基本的に紅茶を飲みません。
・その他、野菜を干す、味噌漬けにする、ピクルスにする、などしています。
・挑戦したいのは味噌作りですね!

☆ベランダ
基本的に食べられる植物ばかりです。
・栽培しているハーブは、2種類のミント、イタリアンパセリ、2種類のローズマリー、しそ、バジル、ワイルドストロベリー、タイム、レモンバーム。三つ葉はハーブかな?それとウインターサボリーというのを種まきしてみましたが、どうなることか…。
・妹にもらった桑の木に実がついて、嬉しいです。
・ねぎは根を残して切り、プランターにつっこんでいます。麺類や味噌汁に入れます。いまは葱坊主だらけです。
・母にもらったみょうがは毎年にょきにょきです。
・たまににんにくなんかが育ったりします。

☆家の手入れなど
・掃除はせっけんと重曹(ベーキングソーダ)とお酢と熱湯で何とかします。
・風呂に入って、そのまま食品グレードの重曹とお酢を使って、しゅわしゅわさせながら洗ったりします。
・トイレや排水口に工業グレードの重曹をふりかけて、お酢をしゅしゅとふきかけて、次の日ちょっとこすり洗い。排水口がにおうときは、重曹をたっぷり、お酢も多めにかけて一晩おいておきます。台所周辺も重曹とお酢で掃除するので、安心かな(特に口に入るものを作っているところですから)。
・ゆかはみかんの皮をお湯に入れて、そのお湯で磨きます(→ごくたまに)。
・窓はぬれた新聞紙でふきます(→夫が)。
・顔・身体・髪はせっけんで洗います。お手入れ(するほどの品ではないけれど)は、100%へちま水、馬油、ホホバオイル。いまは馬油にはティーツリー、ホホバはラベンダーとローズウッドのエッセンシャルオイルを入れています(友だちにエッセンシャルオイルの使い方を聞いて、いろいろ挑戦中です)。化粧はしません。髪は椿油を使います。

うーん、こんなところかな。
手作り化粧品や、せっけんにもトライしたいです(酵母パンをこねたあとはその小麦粉と酵母で手をマッサージしたり、酵母液を顔に塗ってみたりすることもあるけど)。
これからも無理せず、楽しんで、やれる範囲で
こういうくらしができるといいなと思っています。

字ばっかりなので、ねこに登場してもらいましょう。
何しているのかな。
b0044694_18435064.jpg

(2011.06.01撮影)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-11 18:44 | くらし | Comments(0)

りんご酵母

あたたかくなってきたし、
そろそろ春から初夏の酵母づくりは
おしまいかなあ。

洗ったりんごを切って
皮もへたもそのままに、煮沸消毒したびんに入れ
びんの口まで水道水を入れ、きっちりふたをする。
冷蔵庫に入れる。
b0044694_17492558.jpg

(2011.05.21)

6/3冷蔵庫から出し、常温でおいておく。

2日後、ふたを開けようとしたら
しゅー、という音。せっかくの酵母液が吹き出してしまいました。
それだけ、元気な酵母ってことでうれしい☆
b0044694_17522318.jpg

しゅわしゅわで、味はほんのりアルコールっぽく。
(2011.06.05)

もう少し涼しい頃は、
ふたを開けてからあと数日は常温においておいて
できあがりなのだが、
今回は翌日、OKにした。
b0044694_17563515.jpg

しゅわしゅわおとなのサイダーってかんじ。
このまま常温に出しておくと、
何かに変化してしまうのがこわいので、
今回は冷蔵庫に戻しました。
(2011.06.06)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-11 17:57 | たべもの | Comments(0)

「図書館危機」

「図書館危機 図書館戦争シリーズ③」
有川浩
角川文庫

例によって、いろいろなところはおいといて。

作者もいっているから、いってもいいんだ、
と思っていうけど
「べた甘」だ。
あ~、うわ~
(2011.06.01)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-11 17:34 | 読書 | Comments(0)

「荒野 16歳」

「荒野 16歳、恋しらぬ猫のふり」
桜庭一樹
文春文庫

やっぱり桜庭作品だ、と思ったのは
ハードな環境に生きている少女(からおとなへの途中)のすがた。
やわらかな荒野の雰囲気で包まれていても
その状況はたいへんだ。

女ってこわい、
よくも悪くも家を作っているのは女なんだ。
それがわかる荒野に
それをこえた人間になってほしい、と期待したり。

帰ってくる場所が
「おかえりなさい」の笑顔が
何の意図もなく、ただ素直なものであるといいな。
(2011.05.29)
[PR]
by haraheri4 | 2011-06-11 17:30 | 読書 | Comments(0)



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
コメント、ありがとうござ..
by haraheri4 at 06:53
あれま~~、このケーキも..
by love-t_k at 23:39
ぜひやってみてくださいね..
by haraheri4 at 16:46
スコーンって難しいってイ..
by love-t_k at 15:53
ここ数年は 赤紫蘇を入れ..
by haraheri4 at 15:12
あ~~私も梅干しつけなく..
by love-t_k at 15:05
ありがとうございます!
by haraheri4 at 15:36
美味しく漬かると良いです..
by love-t_k at 14:59
こんにちは、初めまして。..
by haraheri4 at 15:33
初めまして! お菓子作..
by love-t_k at 14:01
きょうこさん、こんにちは..
by haraheri4 at 09:03
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 23:20
iyonm さん、コメ..
by haraheri4 at 17:54
久しぶりにコメントします..
by iyonm at 21:08
今年の高松宮記念を過去の..
by 高松宮記念2012 at 12:45
コメント、ありがとうござ..
by haraheri4 at 15:58
きゅうりの甘酢漬けは ..
by iyonm at 12:15
コメント、ありがとうござ..
by haraheri4 at 10:48
セーヘ ボン マニ パド..
by iyonm at 16:46
阪神ジュベナイルフィリー..
by 阪神ジュベナイルフィリーズ 2011 at 12:31
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索