道草日和。

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

台北レッツゴー♪2011.09.15:夕食

夕食はホテルの部屋で食べよう、ということになり、
母と二人で町に出る。
台北駅の地下はしゃれた若者向きの町になっていた。
うろうろしてようやくテイクアウトできる店を見つけた。
看板をみながら、注文したいメニューを書いて見せにいったら、
レジのところに、食べたいものをチェックして注文する紙があった…
持って帰りたい、という気持ちをこめて
「望持帰」と書くと、お兄さん、首をかしげて
「Take out?」と。
「そう、テイクアウト!」…なんだ、テイクアウトでわかるのか…。
今度は呼び出し№の票を持って待っているが、
自分たちが呼ばれたかどうか、わからないわけだ。
すると高校生くらいの男子が
「№見せて。ああ、あなたたちが呼ばれているよ」(台湾語)と教えてくれた。
「謝謝!」といって持ち帰ることができた、本当にみんな親切ね。
3つ頼んだつもりが2つになっていたが、まあいいのだ。
1つは餃子。おいしかった~
b0044694_20241095.jpg

もう1つは、野菜炒めなんだけど、こういうふうになかなかできない、しゃきっと感がいい。
にんにくも効いていてうまい!
b0044694_20241781.jpg

ビールとお茶はコンビニで買った。3本で90元。
b0044694_20242460.jpg

あとはホテルのお菓子を食べたりして、
たいして食べていないのになんとなく満足。
(2011.09.15.19:15)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-24 20:27 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:台北駅

台北駅近、台北凱撒大飯店がお宿。
日本じゃ泊まったことがない「スイート」って部屋に泊まる
(旅行会社に予約したのが早かったから、サービスらしい)。
窓からは、台北駅がどーんと見えます。
b0044694_16185017.jpg

広いなあ、公園みたいだなあ。

あとで、この駅前に父車椅子で行ってみた。
人込みで、多少道ががたついていて、
なかなか車椅子移動はたいへん。
だけど「こっちは階段があるから車椅子はいけないよ」
(もちろん台湾語(私は話せない)、ニュアンスで翻訳)とか
みんなが何かと声をかけてくれるのだ。
喫茶室でも、入口でまごまごしていたら
(お店の人でなく)お客さんが「こっちにお茶を飲みたい人がいるよ」(台湾語)と
お店の人に知らせてくれるのだ。
なんて親切な人が多いのだろう。
(2011.09.15.16:30)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 16:26 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:オレンジ

喫茶室で紅茶を頼んだつもりだったが、
出てきたのはオレンジのなんかだった。
あたたかいオレンジジュース?
b0044694_1612489.jpg

りんごも浮いている。よく見れば、ティーバッグも。
後日、「フルーツティ」というものを
間違えて頼んだか、間違えて出てきたか、のどっちかだとわかった。
(2011.09.15.15:00)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 16:13 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:道路だよね?

ダンキンの前の道。
バイクぎっしり駐車。
b0044694_165738.jpg

(2011.09.15.15:00)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 16:06 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台北レッツゴー♪2011.09.15:〇〇均一ショップ

漢字が一番古い形で使われているところ、というのを聞いて
「それなら、行けるかも?」と父母と3泊4日の旅へ。
5月末くらいから企画して、
9月15~18日行ってきました。
誰も先導がいない(自分がコーディネーター)の海外というのは、
初挑戦です。

羽田から3時間ちょっと、そこから車でホテルへ。
2階の喫茶室でお茶を飲んだときは「きたな~」とほっとしました。
その窓から見えたのは、
100円ショップならぬ「39元」ショップ。
b0044694_15573480.jpg

下はダンキンだし。
(2011.09.15.15:00、以後台北旅行記事は台湾現地時間です)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-23 15:59 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

台風接近。
横浜のはしっこは時おり停電になっています。
ぱっと消えて、しばらくするとつくというのを繰り返しています。
みなさん、くれぐれもおきをつけて。
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-21 17:03 | Comments(0)

豆腐白玉団子

デジカメ復活記念!
久しぶりの「たべもの」ネタです。
今日は中秋の名月。
ということでお団子づくりです。

白玉粉100gくらいに、
様子を見ながら絹豆腐(たぶん100gくらい入れた)を入れていき、
いわゆる「耳たぶのかたさ」にします。
b0044694_18304899.jpg

それをまるめて、沸騰したお湯に入れて、
浮かんできたら冷水に取ります。
b0044694_1832368.jpg

そこに黒蜜をかけてみました。
b0044694_1833112.jpg

水の代わりに、豆腐を使っただけで、
あとはいつもの白玉の作り方どおりです。
このところ「八橋」とか、「信玄餅」とか、
ぷにっとした和菓子が好きなのですが、
今日の白玉もそんな感じです。
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-12 18:35 | たべもの | Comments(0)

「希望」

「希望」
瀬名秀明
ハヤカワ文庫JA

新しい発見が古い倫理を壊すなら、
瀬名さんは「希望」という言葉の持つ意味を
いったん壊したのかもしれません。

7つの短編のうち、
「わかった、ような気がする」のが半分くらい。
残り半分は、よくわからない、
たぶん私の読みの浅さなのでしょう。

これが長編だったらいいのに…
ということは時々思いました。
その世界の理屈がしっかりと立っている中で、
物語が進行していくのが、
よくできたSFの基盤になるのだと思うのですが、
短編ゆえに説明的に感じられたところがあって
(「私が」そう感じたのであって、
ちゃんとした読み手ならきっとしっかりわかるはずです。
お恥ずかしい)。
長編なら
物語の大きな身体があって
そこに神経のようにその理屈をはりめぐらすことができるのでは?
と思ってしまいました。
そうしたら、私のような頭でも理解できるかなあ…と。
すみません、「もしも」は禁句ですよね。
(2011.09.10)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-12 18:22 | 読書 | Comments(0)

「宇治拾遺物語」

「宇治拾遺物語」
中島悦次校註
角川文庫

毎年夏休み前後に、
古典や世界の名作長編などに挑戦します。
今年はこれ。

(2011.08.14-09.08)

More
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-12 18:12 | 読書 | Comments(0)

「物語が、始まる」

「物語が、始まる」
川上弘美
中公文庫

いつもの道を、
ちょっと電信柱の狭いところから通ってみると、
違う道になる。
というような印象をもった。

私はホラーとか、おばけとか
あまり怖くないのだが、
怖いものは人間ですよね、というのを
再認識。『トカゲ』怖かった…。
(2011.09.02)
[PR]
by haraheri4 | 2011-09-12 18:06 | 読書 | Comments(0)



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索