<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「古典基礎語の世界」

「古典基礎語の世界 源氏物語のもののあはれ」
大野晋
角川ソフィア文庫

夏に「枕草子」を読んでいたときに買った本。
古典もまるでだめな私の
「枕草子」の助けになってくれれば、と。
難しくて、途中で放棄。
今回、沖縄旅行にあたって持っていった
(他に読むものがない状況なら読めるのでは、と)。
でもやはり難しかった。

何となく「何となく」だと思っていた「モノ」という言葉が、
不可変性を柱にしている言葉である、と言われて
これまで読んできた古典を読み直したほうがいいのかな、
と思わされました。
(2012.11.22)
[PR]

by haraheri4 | 2012-11-24 17:07 | 読書 | Comments(0)

「謎007」

「スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎007」
桜庭一樹 選
講談社文庫

中西新太郎先生の話を聞く機会と前後して、
この本を読む。
自分で選んでいるわりに
なかなかのタイミング。

祖母、母、娘の愛憎、
財産目当ての男たちへの復讐、
暴かなくてもよかった事柄、
人を思う気持ちが招く事件。
どれもこれも、桜庭さんが書いたのではないか
と思うようなセレクションに、うなります。

桜庭さんは年間400冊読むという超読書家!
すごい・・・私も目標引き上げるか。
(2012.11.14)
[PR]

by haraheri4 | 2012-11-24 16:55 | 読書 | Comments(0)

おきなわ愛

久しぶりに沖縄へ。
様子はおきなわ愛に掲載。
今後も気が向けば載せます。
[PR]

by haraheri4 | 2012-11-19 17:17 | 旅・散歩・町 | Comments(0)

トトロ化する身体。

夫は前から中トトロくらいだったが、
最近は大トトロになった。
私は昔、人の子サイズだったが、
最近中トトロに昇格した。

人の子サイズのお腹に戻りたい。
[PR]

by haraheri4 | 2012-11-10 10:35 | Comments(0)

「アイアン・ハウス」

「アイアン・ハウス」
ジョン・ハート
ハヤカワHM文庫

「アイアン・ハウス 上」
(2012.11.06)

「アイアン・ハウス 下」
(2012.11.08)
堀江さんの次がジョン・ハート。
我が読書に節操なし。

彼のテーマはやはり家族なんだね。
優しく残酷で取り返しのつかない閉じた輪。
今回は暴力がこれまで以上にきついのだが、
それでも読むのは閉じた輪の結末のひとつを見たいから。
[PR]

by haraheri4 | 2012-11-09 19:29 | 読書 | Comments(0)

「回送電車Ⅱ」

「一階でも二階でもない夜 回送電車Ⅱ」
堀江敏幸
中公文庫

堀江さん、大好きです。
好きすぎて、「回送電車Ⅲ」が文庫になるまで
「回送電車Ⅱ」を読んでいなかった。
もったいなくて。
もったいなくて読めない、三本の指に入る人、その筆頭。

つづきは長くなりそうなのでmoreで。
(2012.11.01)

More
[PR]

by haraheri4 | 2012-11-09 19:20 | 読書 | Comments(0)

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
フィリッピ・K・ディック
ハヤカワSF文庫

さあ、見るんでしょうか。
取替えがきかないはずの生物の部品も
だんだん作られつつありますから。

このページ、なんか見たことがある
と思うのは、
私が複製だからでしょうか。
いや。単に読んだのを忘れているだけだよ。
(2012.10.27)
[PR]

by haraheri4 | 2012-11-09 19:05 | 読書 | Comments(0)