道草日和。

<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ノーエッグバナナケーキ

b0044694_13442482.jpg

「自然派おやつ」を見て作りました。

マーガリン80グラム、砂糖50グラムを練り合わせる。
熟れたバナナ2本をつぶして加える。
煎ったおから100グラムを加えて混ぜ、強力粉100グラムをふるって入れ生地をまとめる。
クッキングシートを敷いたパウンド型に流し、180℃オーブンで30〜40分焼く。

元のレシピでは、おからは生おから、
強力粉は全粒粉、
クッキングシートは油
です。
ほとんど膨らまない、と書いてあったとおりでした。だから小さめの型で高さを出してもいいかな。
[PR]
by haraheri4 | 2016-10-28 13:44 | たべもの | Comments(0)

スコーン

b0044694_12144358.jpg

「イギリスのお菓子 楽しいティータイムめぐり」を見て作りました。ところどころ省略しながら作ったのがこちら↓

薄力粉200グラム、ベーキングパウダー小さじ2、塩ひとつまみをふるう。
バター50グラムを加え、手のひらをあわせてこすりあわせ、さらさらのパン粉状にする。
グラニュー糖大さじ1を加える。
卵1個と牛乳をあわせて100ccにしてよく混ぜ、粉に加える。まとめて伸ばしてコップで型を抜く。
220℃に熱したオーブンで10分焼く。

秋、紅茶にあわせてお菓子を作りたくなる季節ですね。
[PR]
by haraheri4 | 2016-10-20 12:14 | たべもの | Comments(0)

秋の漬けモノ

秋なので 我が家は料理ざんまい〜

トマトを干して、オリーブオイル漬けにしたり
塩麹を作って、豚肉を漬けたり
夫は、塩サバを酢漬けにしたり
生筋子を味噌漬けにしたり。

どうやら、漬けモノばかりですね…
[PR]
by haraheri4 | 2016-10-16 20:42 | たべもの | Comments(0)

ドライトマトのオリーブオイル漬け

b0044694_1715884.jpg

ミニトマト1パック、
半分に切って中身をスプーンでくり出し、
切り口を下にして2時間、
ひっくり返して4時間ほど干す。
ビンに入れて、塩麹小さじ1、オリーブオイルひたひたに入れる。
冷蔵庫で保存。

パスタやサラダにしようかな。
どうせ干すなら
2パックくらいやってもいいですよね。
[PR]
by haraheri4 | 2016-10-15 17:01 | たべもの | Comments(0)

「燃焼のための習作」

「燃焼のための習作」
堀江敏幸
講談社文庫

緩やかにつながり、
離れていく会話から、
やがて哲学へ。
(2016.10.?)

[PR]
by haraheri4 | 2016-10-15 15:03 | 読書 | Comments(0)

「千の輝く太陽」

「千の輝く太陽」
カーレド・ホッセイニ
ハヤカワepi文庫

アフガニスタンに生きる、
二人の女の物語。

ニュースで聞くだけで、まったく知らなかった国。
政治的支配層がぐるぐる変わっていくために起こるつらさと、
もともと持っていたであろう男社会の抑圧。
裏切られて、暴力にさらされて、
ああもう、どうにもならない、と思っていて、
それでも愛と友情のために生き続けられた。
大きく心を揺さぶられました。
(2016.09.?)


[PR]
by haraheri4 | 2016-10-15 15:01 | 読書 | Comments(0)

「燦」

「燦」
あさのあつこ
文春文庫

「燦7」
(2016.09.03)
「燦8」
(2016.09.14)


[PR]
by haraheri4 | 2016-10-15 14:55 | 読書 | Comments(0)

「怒り」

「怒り」
吉田修一
中公文庫

「怒り 上」
(2016.08.31)
「怒り 下」
(2016.09.02)

この頃なかなか速く読めないのですが、
これはスピードにのって読みました。
信じたい、けれどそれができない、
つらいのは自分自身のそういう態度。
つらい結末と、少し希望。

[PR]
by haraheri4 | 2016-10-15 14:52 | 読書 | Comments(0)

「恐るべき子供たち」

「恐るべき子供たち」
コクトー
光文社古典新訳文庫

(2016.08.30)
[PR]
by haraheri4 | 2016-10-15 14:45 | 読書 | Comments(0)

甘酒

b0044694_21204369.jpg

口の広い水筒を用意、熱湯で温める。

☆60℃の湯500ccをはった鍋に、麹200グラム、米1合をほぐし入れる。温度が下がるので、再び60℃まで温める。

水筒に入れた湯を捨て、☆を入れる。
蓋をして10〜12時間置く。
さめたら、60℃に温め直す。
米ではなく、炊いたご飯で作る場合は、ご飯1合、60℃の湯300cc。

新聞に載っていたレシピで作りました。
もう初秋だけど、フードコンテナーを手に入れたのが最近なので。
今回は生米で作りましたが、炊いたご飯で作った方が早いかも。次回はご飯で作ろうと思います。
[PR]
by haraheri4 | 2016-10-01 21:20 | たべもの | Comments(0)



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索