道草日和。

「バナナ剥きには最適な日々」

「バナナ剥きには最適な日々」
円城塔
ハヤカワ文庫JA

円城塔さん、大好き。
好きすぎて、新しい文庫が出るまで
この本がもったいなくて読めずにいました。
新しい文庫が出て、ようやく読みました。
(今検索したら、文庫まだまだいっぱい出てる!
気づかずにいただけみたいで、恥ずかしい…)


「パラダイス行」、どうしてそうなる、というのは
いつもわからないけれど、おもしろい。

「equal」、
童話のように美しく、やっぱりわからない。
その言葉たちだけで満たされて、とても満足する作品だった。

入院中に読み終えて「小川洋子の陶酔短編箱」も読んでしまい、
2冊しか持ってきていなかったので
再び「バナナ剥き」から短編を読む、
そんな感じだった。

[PR]
by haraheri4 | 2018-03-15 15:38 | 読書 | Comments(0)
<< … 「小川洋子の陶酔短篇箱」 >>



レシピ・たべもの、読書などなどの話。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
小さいニモ
from 道草日和。
線つけ学習法でTOEI..
from ビジネスで英語が必要ですか?
村田エフェンディ滞土録
from To pass leisur..
橋からみた川
from 道草日和。
猛スピードで母は (文春..
from 本を読もう�U
タグ
検索